コラーゲンとヒアルロン酸

コラーゲンとヒアルロン酸

ヒアルロン酸やコラーゲンを使う商品が増加しています。 ヒアルロン酸配合のスキンケア用品やドリンクなどが店頭に並んでおり、使ったことがある人も少なくないようです。 実際にコラーゲンとヒアルロン酸には、どのような特徴があるのか調べてみました。 サプリメントなどでも、コラーゲンやヒアルロン酸はよく利用されていて、一緒に配合されているサプリメント商品も多くあります。 コラーゲンとヒアルロン酸はひとくくりにされていることも少なくありませんので、基本的に同じような栄養素だと考えている人もいるようです。 コラーゲンとヒアルロン酸は、体の中で求められる機能の程度が違います。 たんぱく質の1つとしてコラーゲンがあります。 お肌にハリと健康を維持する効果や、膝や肘など関節のある部分の動きをスムースにする効果がコラーゲンにはあるといいます。 ヒアルロン酸はムコ多糖液といわれる物質の一種で体中に存在している成分です。 ヒアルロン酸は保水力があることでも知られていて、ヒアルロン酸1グラムに対して6リットルの水分を保持できると言われています。 ヒアルロン酸の量が少なくなると、潤滑剤の役割を果たす水分が体内で不足し、皮膚が乾燥したり、関節痛の原因になります。 年齢をか重ねるごとに、コラーゲンやヒアルロン酸は減っていきます。 年を取るとお肌の水分が失われたり、弾力がなくなってしわやたるみが目立つようになるのはそのためです。